ごあいさつ

令和元年校長あいさつ

  令和になっても大間々東小は

         「笑顔とありがとうのあふれる学校」で

                                                                校長 齋藤 守正

 大間々東小学校は、みどり市の中でも、宅地開発が今もさかんに進められ人口の集中した、商業施設を多く抱えた地域にある学校です。また、2階・3階の窓からは、要害山、手振山、鹿田山などみどり市の地形を特色づける山もよく見え、豊かな自然を感じることのできる学校でもあります。地域に支えられて、昨年度は創立40周年を無事に迎えることができましたこと、あらためて地域の皆様に感謝申し上げます。
41年目の新たなスタートとほぼ一緒に、時代は平成から令和に変わりました。けれど令和の時代でも、本校の教育の目標は、「確かな学力を身に付け、豊かな心情とたくましい意思をもった心身ともに健康な児童を育てる」ことです。
具体的には
 ○明るく、思いやりのある子
 ○よく見、よく聞き、よく考える子
 ○がまん強く、最後までやりぬく子

 このような子どもの育成を目指し、教職員一丸となって本校の教育活動に取り組んでいきたいと思います。これまで本校が目指してきた「笑顔とありがとうのあふれる学校」「全職員で、全児童を育てる教育」は継続し、さらに推し進めていきます。
学校を子ども達の笑顔でいっぱいにするために、ご家庭や地域との連携を進めていきたいと思います。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。