【校長室より】あいさつ運動(2017.4.24)

 「進んであいさつをして気持ちのよい人間関係が築ける児童にしたい」「地域の方々から見守られ、大切にされていることを感じとれる児童にしたい」との思いから、学校評議員、民生委員、本部役員の皆様など、地域の方々にご協力をいただき始まったあいさつ運動も、今年で6年目となる。
 お陰様で、学校や地域で、子どもたちが少しずつあいさつができるようになってきているとの声を聞くことができるようになってきた。
 今年度は、子どもたちが更に自分たちから大きな声であいさつができるように、工夫していきたいと思っている。