【3年生】学年レクをしました

3年 学年レクをしました

休み時間にもよくやっていて、ドッジボールが好きな3年生。学年レクでクラス対抗ドッジボールをしました。学年レクでは、みんなルールを守って仲良くゲームができました。

 

最初は男女混合のクラス対抗で行いました。次に男女別クラス対抗でゲームしました。また、機会があったらクラスレクを行っていきたいと思います。

 

【校長室より】人権教室(2018.11.30)

  12月10日は、世界人権デー だ。それにちなみ、日本では、4日からの一週間を人権週間とし、幸福を追及する権利と自由の保障のために努めている。
 本校でも、26日からの一週間を人権集中学習週間とし、ビデオ視聴など各学年で創意工夫のある取り組みを通し、人権について考える機会をもっている。
 そんな中、本日2年生では人権擁護委員の皆さんをお招きし、人権教室が開かれた。「人権を守る」という言葉を「命を大切にすること」「みんなと仲良くすること」と、分かりやすく説明してくださったり、歌や紙芝居で五感に訴えてくださったりと、とっても心温かくなる授業だった。
 この学習で、心の中にやさしさの種をまいていただいた2年生。これから自分のことだけでなく友だちのことも考え、今よりもっともっと友だちに対して思いやりの気持ちをもって接することで、種から芽が出てきれいな花が咲きますように…。

【校長室より】似た意味の言葉(2018.11.29)

 2年生の国語の授業「にたいみのことば、はんたいのいみのことば」を参観した。クイズ形式の導入で子どもたちの意欲は高まり、ワクワクドキドキ。そして、個人の思考とグループでの思考を全体で共有する発表の場の設定により、子どもたちの活動はとっても活発だった。一生懸命頭を使った2年生。あっという間の1時間だった。

【校長室より】感謝の集い(2018.11.29)

 本日1校時に運営委員会主催の「感謝のつどい」が開催された。今年度は、普段子どもたちに読み聞かせをしてくださっているお母様方を中心としたボランティアの皆さんをお招きした。
 はじめに、日頃の読み聞かせのお礼ということで、代表児童による感謝の言葉があった。次に、全校児童による感謝のお手紙をお一人お一人に渡し、最後に全校合唱「かけがえのないこと」をプレゼントした。
 その後、ボランティアの皆様方からスペシャルプレゼントとして、「あかぎのへっぷりおに」のお話の読み聞かせがあった。大きなスクリーンに映し出される映像やBGMとして流れたピアノ演奏、そして、登場人物の臨場感あふれる台詞に、子どもたちはいつも以上に読み聞かせを楽しんだ。読み聞かせの後、「あー、おもしろかった」という子どもたちの声が聞こえてきた。子どもたちにとって一足早いクリスマスプレゼントになったようだ。
 運営委員の児童を中心とした今回の会の温かい企画・運営により、全児童の日頃の感謝の気持ち「ありがとう」が参加の方々に届けられたことを本当に本当にうれしく思う。

【校長室より】なわとび練習開始(2018.11.28)

 水曜日の朝の運動がなわとび練習にかわり、今朝は「片足跳び」や「ケンケン跳び」「前振り跳び」など、難しい個人技の跳び方を体育委員の子どもたちがお手本として全校児童に見せてくれた。校庭校舎側に設置された9台のジャンプ台でも、二重とびやはやぶさなど、難しい技に挑戦する子どもたちが増えてきている。寒い冬でも手軽に楽しめるなわとび。これからは、休み時間にもっともっとカラフルななわの花が校庭を彩ることだろう。冬休みまであと3週間・・・。

【4年生】短歌と俳句

国語「短歌と俳句に親しもう」では短歌と俳句を声に出して読み、情景を想像しながら日本語特有のリズムを感じ取る学習を行いました。その後「秋」「冬」の季節をテーマに短歌と俳句を書いてみました。どの児童も素敵な作品ができました。