4年 希望の家交流会・ブラインド・ウォーク

 10月4日(木)希望の家交流会に行ってきました。運動会で踊ったダンスを披露したり、まねっこゲームや人数集めゲームなどをしました。始めは恥ずかしがってなかなか交流できなかった児童も「車いす押していいですか?」など声をかけ、車いすを押させてもらっていました。最後には別れを惜しみ、利用者方とハイタッチをして別れる姿が見られ微笑ましかったです。
 10月12日(金)ブラインド・ウォークの体験を行いました。指示する人、指示される人とペアで行動します。感想では「自分の指示がうまくいかず友だちが壁にぶつかってしまった」「知っている校舎の中なのに見えないだけで不安だった」「指示がないと怖かった」など指示を出す難しさ、目が見えないことの不安さを経験することができました。この経験を18日(木)の目の不自由な人との交流につなげていきたいと思います。

【校長室より】後期指導訪問の様子(2018.10.15)

 本校は今年度「自分で考え・表す力を身に付け、できる・わかる喜びを広げる児童~一人一人が活躍する学習活動の工夫を通して~」を研修主題に、職員の校内研修を進めている。
 今日は、半年間の研修の成果を3年生の国語「ちいちゃんのかげおくり」と2年生の算数「かけ算(1)」の授業で検証した。どちらの授業も問題解決型の授業を進める中で、子どもたちが自分の考えを自分なりにまとめている姿、比較検討場面で自分の考えをわかりやすく他の子に説明している姿等、多様な考えに触れ個々の子どもたちの理解が徐々に深まっていく様子が感じられた。そして、指導主事の先生からも、一生懸命課題に取り組む子どもたちの姿を大いに褒めていただいた。
 授業を提供してくれた3年1組、2年1組の先生・児童の皆さん、お疲れ様そしてありがとう!