【学校行事】修学旅行第1日(2018.10.29)

6年生の修学旅行第1日です。キッザニア東京で職業体験をして昼食を食べています。

【校長室より】県小学校陸上教室記録会(2018.10.28)

 本日、群馬県小学校陸上教室記録会が正田醤油スタジアム群馬(群馬県立敷島公園陸上競技場)で行われた。本校からは男女高跳び、男女幅跳び、男子50mH、6年女子100mに計8名の児童が参加した。絶好の運動日和で、みな気持ちよく競技に参加した。
 ベスト記録が出た子もいれば、大競技場の雰囲気に緊張して実力が発揮できなかった子もいる。個々の結果は違っても、市の代表として敷島に来られたことを誇りに思って欲しい。そして、観覧席から温かい声援を送っていた友だちや関係者の方々、これまで陰で支えてくださったお家の方々に「ありがとう」と、感謝の気持ちを伝えて欲しい。
 お疲れさま。6年生は、明日元気に修学旅行に出かけましょうね!

【校長室より】怒りのコントロール(2018.10.27)

 人は毎日の生活において、さまざまな感情を抱えて生きている。よく「喜怒哀楽」と言うが、この中でやっかいなのが「怒り」だ。「怒り」はマイナスの感情であるとともに、他人を巻き込む「攻撃性」をもっているからだ。
 イライラして子どもに当たることは、子育て経験の中で、誰でも思い当たることがあると思う。今の私なら、「怒りの感情は自分の健康にもよくないし、怒りをぶつける対象が子どもの場合は、子どものやる気をそぐ方向に作用するから注意しなくてはいけない」と言える。それは、長い年月をかけて、自分の感情をコントロールすることの大切さを学んできたからだ。
 皆さんはどんなふうにして「怒り」をコントロールしているのだろう?「怒りの感情を感じたときに、それがどの程度なのか10段階のレベルで表してみる」。嘘のようだが、これだけで「怒り」が消えていくそうだ。お試しあれ!

【校長室より】朝の光景(2018.10.16)

 いつものように朝の時間を過ごし、車に乗り込んだ。家を出るときに、普段は右に切るハンドルを今日は左に切った。今日の目的地は学校ではない。
 途中、学校に向かう小学生の姿や旗振りのお家の方々の姿を見かけた。場所は違えど、朝の光景はどこも同じ。ふと、いつも立っている正門前の様子が目に浮かんだ。昨日マスクをしていた○○さんは、今日は元気に登校できただろうか、○○君は今日も半そで半ズボン姿かな、○○兄弟はケンカしないで一緒に歩いてきただろうか、仲良し3人組の女の子の今日の話題はなんだろう、そんなことを思いながら、いつもと違う朝の通勤時間を過ごした私である。

【1年】持久走試走

11月6日に行われる持久走大会に向けて、朝運動やランランタイムと一生懸命練習に励んでいます。
本日、本番のコースを試走しました。どの子も歩くことなく真剣に走りきりました。

【校長室より】小学校家庭科教育研究発表大会②(2018.10.25)

 第52回群馬県小学校家庭科教育研究発表大会が多くの方々のご協力により無事終了した。公開した5.6年生の授業に関しては、皆様方からたくさんのお褒めの言葉をいただいた。そして何より、多くの先生方が「どちらの授業も子どもたちが生き生きと活動し、楽しい授業であった」と、子どもたちの学びに向かう姿のすばらしさに感心していた。授業から感じられる温かい雰囲気は、普段からの積み重ねがあるからこそだと感じる。本当にすばらしい子どもたち、そしてそれを支えている温かい先生方だ。
 授業後の研究会も、とても有意義な時間だった。グループ司会や記録という重役を務めたみどり市家庭科主任や本校の先生方のまとめぶりも、県の会長さんが「すばらしい先生方ですね」とびっくりするくらい見事だった。
 すべての人が自分の役割をしっかり果たすだけではなく、+αの動きをしてくださったからこそ、この大会が成功裏に終わったのだと思う。道路の案内役、会場での湯茶接待役、駐車場係はPTAの方々にもお世話になった。玄関花や菊の鉢は、地域の方や退職された先生からのプレゼントだ。教頭先生をはじめ本校の職員の裏方としての動きにも感謝の気持ちでいっぱいだ。まさしく「チーム大東小」が発揮された一日だった。本当にみなさんありがとうございました。そして一番がんばった子どもたちに拍手!あ・り・が・と・う!

【校長室より】小学校家庭科教育研究発表大会①(2018.10.25)

 本日、本校を会場に第52回群馬県小学校家庭科教育研究発表大会が開催される。3年前から、市の家庭科部会を中心に進めてきた研究の集大成として、本校5年生と6年生各一クラスずつの授業を公開する。
 会場準備では、修学旅行前の6年生が会場図を見ながら一生懸命作業を進めてくれた。5年生は元気いっぱいに宿泊学習を済ませたばかりだ。本当に頼もしい5.6年生。本日の公開授業も、きっと一生懸命取り組む姿を見せてくれることだろう。
 さて、県内各地から多くの方々のご参加をいただけることを本当にうれしく思っている。お天気は最高です。どうぞ、お気を付けてお出かけください!

【校長室より】群馬県民の日(2018.10.24)

 群馬県民の日は、昭和58年に「第38回国民体育大会(あかぎ国体)」「第19回全国身体障害者スポーツ大会(愛のあかぎ大会)」が開催され、県民意識が高まったことをきっかけに「郷土の歴史を知り、郷土についての理解と関心を深め、自治の意識を高めるとともに、より豊かな郷土を築きあげることを期する日」として昭和60年に制定された。群馬県民の日が制定されてから30年以上が経ち、10月28日という日は多くの県民にとって馴染みの深い日となってきた。まもなく34回目の県民の日がやってくる。この機会に改めて郷土の歴史や文化にふれ、ふるさと「群馬県」について思いをめぐらせてほしい。県内施設にお出かけなんていうのもいいですね!