【3年生】夏休みが終了~。 二学期がスタート!

 

 長い夏休みが終わり、二学期がスタートしました。久しぶりの学校、久しぶりの友だちにみんな興奮し、笑顔がはじけていました。始業式でも校歌を元気いっぱいに歌っているのが印象的でした。発育測定では、夏休みに色々な経験を積んで、心も体も大きくなったのでしょう。でも明日からは少し落ち着いて勉強を頑張ってほしいと思います。

【校長室より】2学期スタート (2018.8.27)

 初日の今日は、どのクラスも発育測定や係決めなどの学級活動に時間を費やした。私からの「3つのC」の話は、どれくらい伝わっただろうか?
 今日の給食は、ご飯、牛乳、卵焼き、肉じゃが、枝豆ときゅうりの浅漬け。クラスのみんなと食べる久々の給食に、笑顔いっぱいの子どもたちだった。お家の方々(私も含めて?)にとっても、長い昼食づくりから解放された今日からの給食には、思わずニッコリではないだろうか?
 また、今日は集団下校だったが暑さが厳しいので一斉下校に変更した。「暑いから寄り道しないで帰るのよ」と声をかけたが、きっとまっ赤な顔で帰宅したに違いない。明日は今日より最高気温が低くなるという予報だ。過ごしやすくなるといいのだが…。

【校長室より】第2学期の始業 (2018.8.27)

 今日から2学期が始まった。朝、久々に校門に向かうと、あいさつ運動でお世話になっている地域の方々がちょうどいらしてくださっていた。「いよいよ始まりますね」「またよろしくお願いします」の声に、2学期初日だというのに早朝よりありがたいと思った。信号機のところには、既に何人かの方々が、笑顔で旗振りをしてくださっていた。
 あいさつを交わしながら子どもたちと合わせる私の目線は、今までより確実に上に向かっていた。久しぶりに会う子どもたちの成長にびっくりだ。37日間の長くて暑かった夏休み。保護者の皆様のご協力に感謝である。

【校長室より】明日から2学期(2018.8.26)

 長いようであっという間の夏休み。明日からいよいよ2学期が始まる。学校に元気な子どもたちの声が戻ってくると思うと、わくわくする。20日の登校日に宿題の提出が終わっているだろうから、この一週間は、思う存分ゆっくりできたことだろう。しかし、長い休みで大方の子は生活のリズムが多少なりとも乱れてしまったのではないだろうか。明日の朝が心配だ。みんなきちんと起きられるだろうか?登校班で歩いてこられるだろうか?大人も子どもも気持ちをうまく切り替えていかなければ・・・。
 かく言う私が一番心配?今日はいつもより少し早く休むことにしよう。子どもたちを元気な笑顔で迎えるために・・・。

【PTA活動】校庭整備作業(2018.8.26)

 本日26日(日)7時より、今年度のPTA校庭整備作業が実施されました。夏休み最終日の早朝、そして暑い夏の日差しの中でしたが、約100名の保護者の方々、子どもたち、教職員の参加・協力により、側溝の土砂出しや校庭の雑草取り等の作業が大変スムーズに進みました。特に参加していただいたお父様方が、普段なかなか掃除することのできない側溝のグレーチングを外し、中の土砂や草をかき出してきれいにしてくださいました。加えて、リヤカーや一輪車で土砂や草を運搬するのは本当に力のいる大変な作業ですが、てきぱき動く姿に「さすがお父様方」と、頼もしく思いました。また、お母様方には校庭トラック内の草取りを中心に作業を進めていただきました。
 今年は、猛暑と呼ばれる日が多く、用務員さんの作業がなかなかはかどらない状況でしたので、本当に助かりました。お陰様で、校庭も側溝も花壇周りも大変きれいになりました。子どもたちも気持ちよく2学期がはじめられそうです。参加・協力していただきました皆様、厳しい暑さの中、本当にありがとうございました!

【吹奏楽】桐生市マーチングフェスティバル(2018.8.25)

本日8月25日、桐生市民体育館で桐生市マーチングフェスティバルが開催されました。
大間々東中との合同バンドで、本校の吹奏楽部も出場しました。
熱気あふれる会場で「アメリカンパトロール」「愛するデューク」「ユー・レイズ・ミー・アップ」の3曲を演奏しました。
今回は、マーチングということで演奏をしながら移動をして周囲と動きを揃えるということで練習が大変だったことと思います。
本番の演奏では、音楽も動きもピッタリと揃い、チームワークの良さが発揮されていました。
暑い中での練習、そして本番の演奏とごくろうさまでした。

【校長室より】夏休みの学校⑲(2018.8.23)

 今日の午前中は20日に引き続き職員研修だった。研修内容は、「道徳の授業作りと評価に関する研修」だった。道徳が教科化され、今年度の通知表から文章表記の評価が加わった。道徳評価の基本的な考え方は、「他児との比較ではなく、児童の成長を積極的に受け止めて認め、励ます個人内評価」であること「学習活動において児童がより多面的・多角的な見方へと発展しているか、道徳的価値の理解を自分の関わりの中で深めているか」といった点を重視している。一学期の通知表を見て、保護者の皆様はどう感じただろうか?
 評価をするに当たっては、授業の充実が大事である。本日の研修はそんな先生方の日々の困り感から企画されたものである。基本的な授業スタイルを具体的に模擬授業として示していただき、講師の先生の細かな技ともいえる時間の使い方、発問の言葉、板書の仕方等を直に教えていただいた。二学期からの先生方の実践に、すぐに生かせるものであり、本当に有意義な時間を過ごした。お疲れ様でした!

【校長室より】夏休みの学校⑱(2018.8.22)

 ここ2.3日過ごしやすかったが、また暑さがぶり返した本日。校庭では、リトルの子が練習に励んでいる。校庭整備の日曜日に大会が組まれているとのことで、先日「参加できないので事前に校庭南側をみんなで草取りをしました。すみません!」と、ご挨拶をいただいた。同じく土日に校庭を開放しているサッカー部からも「校庭整備の日が大会なので、事前に草取りをしました。みなさんにもよろしくお伝えください」と連絡をいただいた。みなさんのお心遣いに感謝である。
 大東小の校庭は広くて子どもたちにとってはとてもいい環境だが、この時期草の勢いはものすごくて、取っても取っても絨毯のように広がった緑色が少なくならない。運動会に向けて、たくさんの大人の手が入る日曜日の校庭緒整備作業は本当にありがたいPTA活動だ。
 夏休み最後の日曜日ということで、それぞれのご家庭で予定も入っていることとは思いますが、朝7時からの1.2時間、どうぞ多くの方のお力をお貸しください。よろしくお願いします!

【校長室より】夏休みの学校⑰(2018.8.21)

 昨日は全校登校日だった。久々に会う子どもたちは一周りも二回りも大きくなったように感じた。「あれっ、○○君?」と、ちょっぴり顔つきが大人っぽくなった子も多く、びっくりした。
 児童の下校後、午前中に運動会を主な議題とした職員会議、そしてその後、昼食をはさんで午後からは、渡良瀬特別支援学校の専門アドバイザー植木先生をお招きし、特別支援教育の研修会を実施した。もう何年もこの時期に発達障害の理解やその支援のあり方についてお話をいただいている。そんな中、先生が「『また同じような話か』と、思われるかもしれませんが、繰り返し繰り返しのこの研修が、自分自身を振り返る場として大切なんですね」と笑顔で話されていたのが印象的だった。
 今年はワークショップ形式での研修となり、昼食後の一番眠い時間帯にもかかわらず、先生方の頭はフル回転、目もぱっちりで笑いまで出るなど、あっという間の1時間だった。お疲れ様でした!