【校長室より】春休みの学校③(2018.3.30)

 明日31日で平成29年度が終わる。しかし、明日は土曜日なので、実際は本日30日が平成29年度の最後の勤務日となった。校長室で書類の整理をしたり、来年度の準備をしたりと、慌ただしく動いている私に反して、職員室は思ったより静かで、仕事をしているのは2.3人の職員だけだった。ほとんどの職員の机上はきちんと整理されていて、パソコンだけがぽつんと置いてある。閉じたパソコンを見て、改めて別れの季節なんだなあとさみしさがこみ上げてきた。電話の音もやけに大きく響いてくる。普段の学校生活とは大違いである。唯一心を温かくしてくれたのは、3階から聞こえてくる吹奏楽部の音色と子どもたちの声。そんな人恋しい最後の日を過ごした。

【校長室より】春休みの学校②(2018.3.29)


 今週に入って暖かな日が続いている。昨日は20℃を超え初夏の陽気になった。今日もまた20℃を超えるという。
この数日で、校庭の桜が一気に満開になった。散歩をしてる方が、立ち止まって校庭の桜を眺め、カメラを向けている。この週末が一番の見頃となりそうだ。
 今日はゴミ出し日。職員室も教室も新年度に向けて整理整頓だ!桜の花を見ながら、おいしいお昼となるように、一生懸命体を動かして掃除しなければ…。今日も一日頑張ろう!

校長先生からのメッセージ一覧はこちら

【校長室より】春休みの学校①(2018.3.27)

 出勤し校長室のドアを開けると、花の香りが漂ってきた。卒業式の壇上を華やかに彩った生花がその役割を終え、校長室に飾られている。4日前の卒業式が、随分前だったように感じる。
 ふと外を見ると、窓越しに見える桜の木が、ピンク色に色付いていた。昨日までの景色とあまりに違うことに、思わず窓を開け、気持ちよい朝の空気を吸った。
 外から聞こえるにぎやかな声に誘われ、校庭を散歩した。リトルの子が一生懸命練習に励み、学童の子が楽しそうに遊んでいる。桜も今週末には満開になりそうだ。柔らかな日差しの春休み一日目。
 

【校長室より】最後の通知表(2018.3.26)

 子どもたち一人一人に、担任から渡された今年度最後の通知表はどうだっただろうか?学習ばかりでなく行動欄や所見にもしっかり目を通し、ぜひこの通知表の結果を次年度へ生かせるよう、ご家庭でじっくりお子さんと話し合う機会を持ってほしい。そして、1年間のがんばりをたくさん褒めてあげて欲しい。
 明日より春休みだ。春休みは学年の変わり目で、落ち着かない休みになりがちである。事故や事件に巻き込まれないように十分気をつけて過ごしてほしい。
 また、特に宿題はないが、一人一人が自分自身をしっかり振り返り、漢字や計算などの復習をして、次学年へのステップにできるとよいと思う。さらに、時間がなくてできなかったことや苦手なことなどに挑戦してみるのもいいと思う。
 4月9日(月)、またすてきな笑顔の子どもたちに会えることを楽しみにしている。

【校長室より】平成29年度修了式(2018.3.26)

 本日、平成29年度のまとめである修了式が行われ、子どもたちが教室で過ごす最後の日を迎えた。振り返ってみれば、お友だちとけんかをして泣いた日や失敗して気落ちしたこともあっただろう。でも、そんな経験を一つ一つばねにしながら、子どもたちは大きく成長した。そして、そんな子どもたちの成長に支えられて、我々職員も、ここまで来ることができた。本当に今日の日を笑顔で迎えることができ、うれしい限りだ。
 保護者の皆様には、この一年間、温かいご理解・ご協力をいただきまして、心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

【校長室より】第39回卒業式(2018.3.23)

 本日、県内一斉に小学校の卒業式が行われた。今年度は、卒業式間近に季節外れの雪が降り、当日の天候を心配したが、うららかな春の日差しの中、無事卒業式を終了することができた。卒業生は、この大間々東小学校で学んだ6年間の思い出を胸にしっかりそして立派に巣立っていった。
 式には在校生の3年生、4年生、5年生が参列し、立派に卒業生を祝うことができた。特に在校生のお別れの言葉や歌は、とっても大きな声で元気よくでき、終わった後に多くの来賓の方々からお褒めの言葉をいただいた。卒業生の心にもしっかり届いたと思う。準備から本番までしっかりと責任を果たし、頑張ってくれた在校生の皆さん。本当にありがとう!
 そして、最後までしっかり前を見つめて退場していった卒業生の皆さん。皆さんのすてきな歌と呼びかけ、式中の立派な態度は、大東小の誇りです。卒業おめでとう!

【校長室より】明日は卒業式(2018.3.22)

 明日は、いよいよ6年生がこの大間々東小学校を卒業していく日だ。9時45分から卒業式が行われ、6年生はこれを最後に本校を巣立っていく。
 本日5.6校時に、4.5年生と教職員で式場の準備を進めた。壇上の国旗・市旗・校旗や整然と並んだ椅子、周りを飾る紅白幕…。卒業式に向けて準備完了だ。
 卒業していく6年生のみなさんは、これまで全校児童の先頭に立って、全校のみんなの学校生活が楽しくなるように、リーダーとして動いてくれた。集団登校の世話、運営委員会等各委員会での仕事、学校中の掃除、運動会等縦割り活動など、下級生にいろいろ教えてくれたり手本を示してくれたり・・・。最上級生としての6年生の前向きに頑張る姿があったおかげで、全校児童が成長し笑顔になれた。式辞では、そんな私の感謝の思いを届けるつもりだ。
 卒業式には、在校生の代表として3・4・5年生が参加する。2年生以下の子どもたちは直接式には参加しないが、全児童・全教職員から気持ちを込めて「卒業おめでとうございます!」の言葉を贈ろう。