【校長室より】節分には豆まき?(2017.2.2)

 その昔、立春は「元旦」、節分は「大晦日」に当たることから、節分の日に邪気をはらい、新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて「追儺(ついな)」の行事が行われたという。追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、新年を迎える行事として中国で行われていたものが、文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうだ。それが次第に庶民にも伝わり、「鬼は外、福は内!」として豆まきをする節分行事となったという。でも、最近の節分は、豆まきよりも、恵方巻に主役の座を奪われた感がある。今年の恵方は、北北西らしい。その方角を向いて、そのまま食べると、無病息災、福が来るという。明日は節分だ。各家庭で、どのように鬼を追い出すのか聞いてみたい。