【校長室より】インフルエンザ(2017.1.22)

 先週末、インフルエンザ対応で慌ただしく過ごした。2年生1クラスで学級閉鎖の措置をとったが、兄弟関係やご近所さん、学童や習い事などでの接触と、あっという間に他学年にも発熱等の症状で早退者がでた。土日が入り、少しは落ち着いただろうか。明日の登校が心配される。感染者が増えていなければいいのだが・・・。
 6年前の1月、私自身もインフルエンザにかかり、学校を休んだことがある。熱にうなされる布団の中で、受けた電話は「父が危篤」との悲しい知らせだった。あわてて着替え、病院に向かったが父は助からなかった。インフルエンザのはやるこの季節になると思い出す切ない思い出。1月25日は父の命日だ。