【校長室より】ありがとうの花束(2017.1.12)

DSCN2282
 子どもたちに「思うだけでなく行動に移しましょう」と話してきたが、職員も行動に移すことにした。子どもたちのよいところ、すてきなところを見付けて、「ありがとうの花束」を作ることにしたのだ。職員室前の廊下に掲示が始まった。毎日少しずつ増えていくと思う。そして、掲示として残すだけでなく、言葉としての「ありがとう」も増やしていけると思う。「ありがとう」と感謝の気持ちを加えることで、「ありがとう」がいっぱいになり、子どもたちも先生方も、みんな笑顔で過ごせたらいいなあ。