【校長室より】最後の縦割り団遊び (2019.3.15)

 本日、朝の時間に、今年度最後の縦割り団遊びが行われた。前回同様、各班で決めた遊びを楽しんだ。今日は、春を感じる暖かな朝で、校庭中から子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきた。ふと目をやると、ボールを小さい子に譲ってあげたり、1年生に合わせて、かがんでじゃんけんをしてあげたりする高学年の子の姿が・・・。そんな何気ないやさしさに、思わず笑顔になった私である。
 最後に校庭から聞こえてきた「ありがとうございました!」は、在校生から今までのリーダー6年生への感謝の気持ちだ。このありがとうが、どんどん引き継がれていくことを願っている。

【児童会】絆深め隊

運営委員会では、全校児童の絆をよりいっそう深めるための活動として、
月曜日のお昼休みに全校遊びを企画運営しています。

現在は、団対抗のしっぽとりを行っています。
たくさんの児童が積極的に参加し、楽しむ様子が見られました。
「楽しかった~!!」とキラキラした笑顔で戻っていく児童の姿がとても眩しく感じられる充実した活動になっています。

【校長室より】児童集会(2019.2.25)

 今朝の活動は運営委員会担当の児童集会だった。この1年間児童の自主的な活動を重視しながら児童会活動や学校行事を行ってきた。
 今日はその取組を映像により振り返った。あいさつ運動、縦割り活動、クラスいじめゼロ宣言など、たくさんの大東小ならではの活動があった。
 最後に、様々な活動でリーダーシップを発揮し、大東小の温かい雰囲気を支えてくれた頼もしいリーダーの6年生に、全児童が「ありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えた。今年の大東小のキャッチフレーズ「笑顔とありがとうのあふれる学校」にすべての活動がつながっていることに感謝である。あ・り・が・と・う!

【校長室より】長なわ大会(2019.2.8)

 本日の朝の運動は、長なわ大会だった。これまで、朝の運動や休み時間を使って、各クラスで練習に励んできた集大成だ。始業前、校庭から聞こえる子どもたちの元気なかけ声に、大会への意気込みを感じた。
 そして本番。どのクラスからも、回数を数える大きな声や友達を励ます温かい声が聞こえてきた。そんな子どもたちの姿から、この長なわ大会が、回数だけでなくクラスの団結、信頼、絆を深めるすてきな行事になっていることを感じた。
 今年の優勝は、低学年の部2年1組418回、中学年の部3年2組439回、高学年の部6年3組445回だった。優勝クラスには、40周年記念で作成したトロフィーが渡された。おめでとう!
 他のクラスにも後日記録証が渡される予定だ。風の強い中の大会であったが、多くのクラスで最高記録が出たようだ。頑張った全児童に大きな拍手を送ろう!

【校長室より】縦割り団遊びⅡ(2019.2.6)

 今朝は外気温3℃で、比較的過ごしやすい朝を迎えた。南の方では雨のようだが、大東小付近は曇空ですむだろうか?学校では、インフルエンザも小康状態。今週末の父親委員会主催の親子行事が楽しみだ。
 今日の朝行事は、児童会主催の縦割り団遊びだった。お互いに声をかけ合う子どもたちの大きな声が聞こえてくるたびに、声の方向に目がいってしまう。前回同様、各班で決めた遊びに興じる子どもたちは、朝からパワー全開だ。
 低学年の子がお兄さんお姉さんの陰に隠れてボールをよける姿、高学年の子が転んだ低学年の子をやさしく抱き起こす姿、子どもたちと一緒に遊びの輪に入る先生方の姿、そんな光景に思わず笑顔になった私である。

【校長室より】縦割り団遊び(2019.1.25)

 今朝は外気温-1℃。ニュースで昼頃から雲が増えて、夜は平野部でも雪の降る所がありそうだと言っていた。空気が乾いているのでインフルエンザの拡大防止のためにも少し湿気が欲しいところだが、帰りに突然の雪では路面が心配だ。
 今日の朝行事は、児童会主催の「縦割り団遊び」である。各班で決めた遊びは、「ドッジボール」「くつとり」「鬼ごっこ」などだ。高学年の皆さんが低学年の子どもたちの面倒を見ながら楽しく遊んでいる。
 冷たい風の中の活動であったが、子どもたちの笑顔は心を温かくしてくれる。「心の体力」充電完了!

【校長室より】人権集会(2019.1.21)

 今朝は、人権集会が行われた。インフルエンザ学級閉鎖明けのクラスもあったが、感染が拡大していないこともあり、例年取り体育館での実施となった。
 人権作文1名と各学年代表の人権標語6名の発表、12名の人権ポスターの紹介が行われた。司会・進行の運営委員の子どもたちが、パワーポイントと本人の発表をうまくつないでスムーズに会を進めていた。
 大東小のいじめ防止スローガンは「ふれあい・あいさつ・たすけあい~3つのあいでいじめをなくそう~」である。映像を交えながらの発表により、どの子の心にも温かさや笑顔の大切さが届いたすてきな集会となった。あ・り・が・と・う!

【児童会】みどり市小中学校いじめ防止子ども会議に向けて(2018.12.27)

 来月25日に、みどり市小中学校いじめ防止子ども会議が開催されます。
 その会議に向けて、本校のいじめ防止に向けた取組をまとめています。
 振り返ってみると、委員会活動や学年学級など、様々な場でいじめ防止に向けた活動が行われてきていることにあらためて気付かされます。
 当日は、他校の児童との事例検討会などが予定されているので、いろいろなアイデアを吸収して大東小のいじめゼロに向けた取組に役立てていきたいと思います。

【校長室より】縦割り長なわ(2018.12.14)

 今朝は縦割り活動として、最終戦としての長なわ跳び大会が行われた。寒い中だったが、今日の結果で順位が決まるとあって、どの班も早くから集まって練習していた。練習時間が終わり、いよいよ本番。あちこちから元気なかけ声が聞こえてきた。
 結果は、1位青1班(336回)、2位赤3班(315回)、3位青4班(313回)だった。どの班も精一杯頑張ったことが、教室に向かう子どもたちのまっ赤な顔からうかがえた。

【校長室より】感謝の集い(2018.11.29)

 本日1校時に運営委員会主催の「感謝のつどい」が開催された。今年度は、普段子どもたちに読み聞かせをしてくださっているお母様方を中心としたボランティアの皆さんをお招きした。
 はじめに、日頃の読み聞かせのお礼ということで、代表児童による感謝の言葉があった。次に、全校児童による感謝のお手紙をお一人お一人に渡し、最後に全校合唱「かけがえのないこと」をプレゼントした。
 その後、ボランティアの皆様方からスペシャルプレゼントとして、「あかぎのへっぷりおに」のお話の読み聞かせがあった。大きなスクリーンに映し出される映像やBGMとして流れたピアノ演奏、そして、登場人物の臨場感あふれる台詞に、子どもたちはいつも以上に読み聞かせを楽しんだ。読み聞かせの後、「あー、おもしろかった」という子どもたちの声が聞こえてきた。子どもたちにとって一足早いクリスマスプレゼントになったようだ。
 運営委員の児童を中心とした今回の会の温かい企画・運営により、全児童の日頃の感謝の気持ち「ありがとう」が参加の方々に届けられたことを本当に本当にうれしく思う。