【校長室より】卒業式準備(2019.3.20)

 本日5.6校時に、4.5年生と教職員で式場の準備を進めた。壇上の国旗・市旗・校旗や整然と並んだ椅子、周りを飾る紅白幕…。小学校の一大行事である卒業式の準備は、次期大東小のリーダーとなる5年生の働きにかかっている。
 在校生の皆さんが、掃除や準備を面倒くさいと思いながら、イヤイヤやっているかどうかは、その表情を見ればわかる。重いステージの鉢花を顔をまっ赤にしながら運んでいる4年生、来賓の通る職員室前の廊下を一生懸命きれいにしてくれている5年生、みんなが使うトイレをぴかぴかに磨いている5年生・・・。どの子も、自分の役割をしっかり果たしていることが、うっすら光る額の汗からも感じられる。ありがとう。きっと、立派な卒業式になるだろう。5年生をはじめとした在校生の力で、6年生をしっかり送りだそう!
 そう言えば、昨日・今日と5年生の給食訪問だった。明るく元気な5年生。気付かないうちにグーンと大きく、たくましくなっていた。『これなら安心して6年生からバトンタッチできる』そう思いながら、楽しく給食を食べた私である。

【校長室より】予行練習(2019.3.19)

 本日、3.4校時に卒業式の予行練習を行った。今まで、小刻みに練習の様子を見てきたが、一連の流れの中で見る子どもたちの姿は、ちょっと様子が違っていた。
 本番さながらに、入場から始まったが、子どもたちの面持ちからは、緊張の様子が伝わってきた。それでも、国歌、校歌と、声を出していくうちに、からだも徐々にリラックスしてきたようで、証書授与の際には、いつもの笑みが見られるようになってきた。そして、お別れの言葉も無事終了し、大きな拍手の中、退場していった。
 今日は、挨拶が短かったが、本番はあと30分は長くかかるだろう。初めて聞いた在校生の歌や呼びかけは、思いのほか声が出ていて体育館中に響き渡っていた。一時間以上もの間、ふらふらからだが揺れている子もいなかった。立派だ。
 本番も、きっとすてきな卒業式で、6年生を送り出してくれるだろう。

卒業式練習開始!【5年生】

本日より、卒業式の在校生練習が始まりました。
それに先だって、1校時に5年生で会場の椅子出し等を行いました。
全員でてきぱきと動き、あっというまに椅子が並べられました。

今日からしっかりと練習を積み重ね、在校生代表として立派な態度で
式に臨めるようにがんばります。

【校長室より】逃げる2月(2019.2.28)

 「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と言われるが、早いもので、明日からもう3月。2月もあっという間に終わりになってしまう。春泥の話をしたとたんに肌寒くなり、暖房に手が伸びてしまった。そう言えば、一人暮らしの母に、卒業式の話をしたら、「あなたの小学校の卒業式は、雪だったような気がする」と言われた。
 今日は雨。今年は、雨や雪が少なく乾燥した日々が多かったが、春のもどり雪なんてことがないことを願うばかりである。

【校長室より】バトンを受け継ぐ5年生(2019.2.22)

 送る会や登校班班長など、ここのところ6年生から5年生へ大東小のリーダーのバトンが引き継がれ始めた。
今朝は、新しい登校班での登校の様子を、諸町信号まで見に行った。遠くからでも、前を歩く5年生の新班長と後ろから見守る大きな6年生の列が真っ直ぐ列をなして歩いてくる様子が分かった。時折、後ろを振り返りながら列を確認するその姿からは、新班長としての責任感を感じた。いいぞ!いいぞ!

 授業の様子も紹介しよう。1組の国語「わらぐつの中の神様」では、これまでの学習のまとめとして「わらぐつの中の神様って何だろう?」と、みんなで考えていた。自分の意見をしっかり持ってからグループで意見交流をするという形がすっかり定着していて、教師の指示を待たずに、自然に話し合いが始まっていたのにはびっくりした。2組では、図工「木版画」で、彫刻刀を使って一生懸命彫りを進めていた。白黒のバランスを考えたり、彫り方をお互いに教え合ったりと、一人一人が課題意識を持ち自ら作業を進めていく姿は、本当にたくましく感じた。
 確実に大東小のリーダーとして育っている5年生。卒業式も安心して迎えられそうだ。

【校長室より】学校公開・学習参観(2019.2.14)

 今日は、今年度最後の授業参観。各学年の授業の様子を少し紹介しよう。
 1年生は、3クラスとも道徳を実施した。題材は違ったが、真剣に教師の話を聞き、発問に答える姿から、「学校楽しいよ」という子どもたちの思いが伝わってきた。
 2年生は、学年で親子給食を実施した後、生活科「あしたへジャンプ」の学習発表会だった。元気いっぱい堂々とした発表は、ちょっぴり自立した2年生の自信を感じた。
 3年生は、両クラス道徳「ぼくのボール」を実施した。パワーあふれる3年生。どの子も真剣な表情で学習に向かっている姿が印象的だった。
 4年生も、全クラス道徳「ぼくの部屋」を実施した。自立ということを真剣に考え、みんなで学び合う姿に、高学年に向けての頼もしさを感じた。
 5年生は、両クラスとも総合東風「身近な環境」の学習。グループで調べてきたことをまとめて、発表会を実施した。「思いや考えを伝えあい、個々の学びを深めていくこと」の大切さを痛感した授業だった。
 6年生は、1組社会、2組家庭科、3組道徳と、実施教科は違ったが、それぞれクラス担任の指導ということで、子どもたちとの密な掛け合いを微笑ましく参観した。笑顔のある楽しい授業に、もうすぐ中学生になる子どもたちの6年間を懐かしく思い返した。
 わかば学級は、算数・国語の授業だった。個々の課題に向かって一生懸命学習に取り組む姿に、一人一人の子どもたちの確実な成長を感じた。
 ご参観の皆様は、どんな感想を持たれただろうか?

【トライ】群馬県なわとび競技大会に出場してきました!

2月11日(月)に前橋市で行われた『群馬県なわとび競技大会』に大東小から27名の児童と3名の教員、3名の保護者の方の計33人で出場してきました。また、今年は初めて団体種目の長縄にも挑戦し、4年生以上の20人で5分間長縄跳びにも出場してきました。大会に向けて20分休みや昼休みも毎日体育館で練習を重ねてきました。練習の成果を発揮し、時間跳び、二重跳び、三重跳びのそれぞれの部で入賞を果たすことができました。長縄の部では、自己ベストの616回には届きませんでしたが、583回跳ぶことができ、初出場で42校中20位という結果を残しました。詳しい結果は体育通信Try第10号(後日発行)をご覧ください。

【5年生】書き初め大会

5年生の書き初め大会の題字は「進む勇気」。

最上級生に向かって進んでいくことになるこの時期にぴったりの言葉です。

思わず呼吸をするのもためらってしまうほどの緊張感と真剣さの中で、あっというまに時間が過ぎていきました。本当に素晴らしい集中力で書き上げた作品は、力作揃いですのでぜひご観覧いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

【校長室より】電磁石の性質(2018.12.11)

 昨日5時間目に、5年理科の「電磁石の性質」の授業を参観した。電磁石の性質を知り、モーターを組み立てていたが、教師の説明や示範実験を参考に、自分からどんどん活動する姿、お互いに声をかけ合って助け合いながら作業を進める姿、モーターの回る方向や回転速度に疑問をもち考えながら実験に取り組む姿、どれをとっても子どもたちの知的好奇心が全開の授業だった。

【5年生】40th Anniversary 

40周年記念式典、午後のステージ発表で、5年生が披露したのは、ダンスと合奏です。元気いっぱいの5年生のカラーを出せるのは・・・・・よし!ダンスしかない!(笑)と即決でした。宿泊学習・キャンプファイヤーでの熱いダンスを彷彿させる元気いっぱいのステージ!毎日汗だくになるほど休み時間に練習していた子どもたちからは、「終わっちゃうとさみしい・・・。」という声も聞かれました。合奏の「Mission impossible」もスリリングな映画のワン・シーンが目に浮かぶようなかっこいい演奏でしたね!

たくさんの保護者の皆様に参観いただき、子どもたちもとても励みになりました。ステージに現れた巨大なケーキの箱も保護者の方が5年生のために用意してくださったものです。保護者の皆様のご協力と温かい声援に支えられていることを改めて感じた40周年記念式典でした。ありがとうございました。