【校長室より】栄養教諭訪問指導(2017.9.20)

 昨日の給食の時間に、みどり市の栄養教諭による「偏食指導」が2年生の教室で行われた。好き嫌いなく食べることが、丈夫な身体をつくっていくことを、食品の絵カードを使ってわかりやすく話していただき、赤・黄・緑の食品群の栄養素もきちんと意識できた2年生。指導後は、「わたし、緑をいっぱいとるよ」「ぼく、カラフルサラダ大好き。おかわり!」と、「好き嫌いなく食べてね」という先生の言葉に笑顔で応えていた子どもたちだった。
 そういえば、昨日19日は、月に一回の「家族でいただきますの日」だった。家に帰った子どもたちは、家族で食卓を囲みながらどんな会話を楽しんだだろうか?

【1年】運動会の練習 がんばっています!!

運動会の練習は、1・2年生合同でおこなっています。今年のダンスは「虎舞」という豊作を祈る踊りです。虎のお面(獅子舞のような形)をもって踊ります。また、遊競技は大玉ころがしです。赤・青・黄色の団別に、それぞれの色の大玉を校庭を東西に転がします。

虎のお面は作成中。胴体部分の布だけもって練習です。

隊形移動もあります。クラスごとに整列や校庭中央に楕円、トラック上に大円などです。(体育館で練習中)

 

 

 

 

 

 

 

1年生は1年生同士のペアで転がします。

各団の色の大玉を転がします。校庭を東西に往復します。

【校長室より】子どもの危機意識(2017.9.19)

 台風18号は、気象庁が統計を開始した1951年以降で初めて、北海道・本州・四国・九州の本土4島全てに上陸した台風となった。特に17日は西日本各地で暴風雨となり河川氾濫、18日は北海道で家屋が多数損壊、加えて風雨によって全国の交通機関が大きく乱れるなど、各地に大きな被害をもたらした。関東地方でも激しい雨が降り風も非常に強くなる見込みということで、学校では緊急メールを発信し警戒を呼びかけてきたが、大東小付近では大きな被害の報告がなくホッとしている。
 学校は、子どもたちにとって安全で安心なところでなければならない。しかし、時には様々な危機が発生し、迅速な対応を求められる。注意が必要なのは、台風のような自然災害ばかりではないのだ。子どもを取り巻く私たち大人は、子どもの身の回りに起こっている事態や危険性(弾道ミサイル、不審者、交通事故、SNS等)に、いち早く気付く敏感な感性を持ち合わせていなければならない。そして、子どもたちには、「自分の身は自分で守る」という高い危機管理意識をもたせたい。
 本日登校中に道路工事で迂回する子どもたちに会った。警備や旗振りの大人たちがしっかり守ってくれていたが、子どもたちだけならどう歩いてくるのかなあと気になった。

【校長室より】感謝する心を!(2017.9.15)

 18日は敬老の日。長い間社会に尽くしてきたお年寄りを敬愛し、長寿を祝う日だ。私たちは、様々な人とのかかわりの中で生活している。けっして一人では生きていけない。多くの人々が自分を支え、育て、力づけてくれているということを忘れてはいけないと思う。
 しかし、日々の忙しさの中で、つい自分中心の物の考え方をしてしまい、感謝の心を忘れてはいないだろうか?人から世話になったときには、心から「ありがとう」と言える子になってほしい。18日はおじいちゃんおばあちゃんだけでなく、身近にいるすべての方々に「ありがとう」と、声のプレゼントなんてどうだろうか?

【校長室より】たてわり長縄(2017.9.14)

 昨年度から団対抗「たてわり長縄」が得点競技として加わった。各団が班ごとに分かれて、3分間で何回跳べるかを競うもので、5つの班の跳んだ回数を合わせて順位を決める。団対抗綱引きと同じで1位に120点、2位に100点、3位に80点が与えられる。この勝敗が団の総合順位に大きくかかわってくることは間違いない。今日は、その練習日。各班長が、低学年をリードし、自主的に練習が始まっている。校庭からリズミカルな「ハイ、ハイ、ハイ・・・」のかけ声が聞こえてくる。
 今年のスローガン「熱くなれ! 仲間のパワーと友情で」のように、みんなで優勝目指して気持ちが一つにまとまった団が、きっと勝利をつかみ取るだろう。