【校長室より】低学年授業参観(2018.6.21)

 本日、低学年の授業参観が行われた。1年生は、歯科衛生士さんによる親子歯磨き指導を行った後、給食試食会を実施した。配膳の様子から見ていただいたが、カレーを盛りつける子どもたちを心配そうに見つめるお家の方の姿が印象的だった。食べ始めた後は、お家の方と一緒ということで、いつもよりにぎやかな時間を過ごし、はりきっておかわりをする児童もいたようだ。
 2年生は、2クラスとも道徳「ありがとうって言われたよ」を実施した。どちらのクラスも大変落ち着いた雰囲気の中の授業となり、参観にいらした学校評議員の方々も口々に「落ち着いていますね」と、びっくりした様子だった。
 3年生は、学活「食育」と音楽「リコーダー」の授業だった。去年の3クラスから2クラスになった教室は、子どもたちの熱気であふれんばかりだった。
 教室を回る私の姿に「あっ、校長先生だ!」と、素直に反応する子どもたちのキラキラ輝く眼差しが私は大好きだ。

【校長室より】裁縫ボランティア(2018.6.21)

 5年生の家庭科で裁縫の学習が始まった。初めての裁縫ということで、基本的な玉結び、玉どめ、ボタンの付け方やなみ縫いなどの練習をする。個に応じてていねいに指導し、基本的な技能をしっかり身に付けさせたいところだが、慣れない針と糸をもつ大勢の子どもたちを担任一人で指導するのは本当に大変だ。
 そこで、地域婦人会の方々や保護者の方々にお手伝いをお願いすることになった。短い中での日程調整にもかかわらず、本日午前中の授業で、のべ30人以上の方々のご協力をいただいた。本当にありがたいことだ。
 加えて、裁縫後は感謝の気持ちをこめて、子どもたちがお茶を入れておもてなしの時間をとった。お茶を飲みながらの団らんタイムは、ゆったりほっこりの楽しい一時だった。おまけにバッチリ技術も習得!笑顔いっぱいの5年生だった。

【校長室より】歯科保健指導 (2018.6.20)

 本日、高学年で歯科衛生士さんによる歯科保健指導があった。どの学年も、授業前半はむし歯菌についての話、授業後半は磨き方の指導が行われた。特に、磨き方指導では、染め出し液で自分の歯の汚れを見つけ、どこに注意すればよいのかを手鏡で確認して、実際にその汚れを落としていった。
 6才臼歯や12才臼歯が生えてくる途中は、歯も磨きにくく、汚れもたまりやすい環境にあるので、この奥の歯は、歯ブラシを横から入れて磨くとよいこと、その他の歯は小さな歯ブラシでちょこちょこと1本につき10秒くらい磨くとよいと教えていただいた。
 毎年実施している歯科保健指導だが、歯科衛生士さんと子どもたちとのやり取りの中で、昨年の話をしっかり覚えている部分と忘れている部分があることを知り、繰り返し指導の大切さを痛感した。今日からしばらくは、給食後の歯磨きもしっかり意識されたものになるだろう。どのくらい持続できるのかなぁ。保健室前の掲示にもぜひ注目して欲しい。

【校長室より】高学年授業参観 (2018.6.19)

 本日、高学年の授業参観が行われた。4年生は全クラス国語の「新聞を作ろう」の発表だった。事前に校内の職員にインタビューをしたものをまとめたもので、写真を貼ったり、自分たちの感想を入れたりと、グループごとに役割を分担して、しっかりお家の方々の前で発表していた。5年生は、助産師さんにお世話になっての「いのちを育む講座」を体育館で実施した。映像や模擬体験を通して自分の誕生について考えことで、かけがえのない自分や命の大切さを実感した子どもたちである。6年生は、算数・国語・社会と、まちまちな教科で、教科担当制の授業を実施した。クラス担任の授業ではないところに、大東小職員の「全児童を全職員で育てる」という思いが伝わったのならうれしいなぁ。子どもたちの反応は?

【校長室より】地震に対する安全対策 (2018.6.19)

 6月17日(日)、本県を震源とし、約4年ぶりに最大震度5弱を観測する地震が発生した。教頭を中心にすぐに学校内や周辺の見回りを実施したが、大きな被害がないことを確認し、翌日の児童の登校を見守ることにした。
 翌日の18日(月)には、元気に登校してくる子どもたちの姿に、ホッとしながら職員室に戻ると、大阪府北部において震度6弱を観測する大地震が発生し、死者も出たとの報道が流れていた。
 地震への対策については、これまでも施設設備の安全管理や危機管理マニュアルに基づき、平常時の避難訓練等による子どもたちへの安全指導や発生時の体制整備等、対応を行ってはいるが、あらためて今般の事情を踏まえて安全指導を強化していかなければならないと感じた。特に、授業時だけでなく、休憩時間中または登下校時等様々な時間帯における地震発生を想定した子どもたちの避難方法等の安全指導については、繰り返し繰り返しの指導を職員にもお願いしたところだ。
 ご家庭でも、地震に限らず登下校の安全という面で、ぜひお子さんと話し合ってみてほしい。

【校長室より】JRC登録式 (2018.6.18)

 本日、JRC登録式が行われた。はじめにJRC委員の人たちから、青少年赤十字についての説明があった。そして、各クラス代表児童による署名後、新会員の1年生には会員証のワッペンが渡された。その後、全員で誓いの言葉を言った。JRC委員の人たちからは、「一人一人が『自分にも何かできることはないか』『自分が力になってあげられることはないか』という気持ちで日々学校生活を送っていきましょう」と頼もしい言葉が述べられた。
 子どもたち一人一人が、今日のJRC登録式を機会として、日常生活の中で、まず、自分のいのちと健康を大切にして、みんなのために何ができるかと、「気づき」「考え」「実行する」ことに取り組んでいってほしいと思う。子どもたちのやさしさが、大きな思いやりの花となって、学校中に広がっていきますように…。