【校長室より】みどり市人権展(2018.1.17)

 明日18日よりみどり市人権展が笠懸公民館で開催される。各学年で選ばれた作文・標語・ポスターが展示されているので、ぜひ出かけてほしいと思う。
 期日は、1月18日(木)~1月31日(水)笠懸公民館、3月1日(木)~3月7日(水)童謡ふるさと館 となっている。両会場とも月曜日は休館日なので、気をつけて欲しい。
 あわせて、夏休み中にかいた詩画についても、1/30(火)~2/25(日)の期間、富弘美術館で大東小の全作品が展示される。こちらもぜひ見てほしいと思う。

 

【校長室より】クラブ活動(2018.1.17)

 天気予報の通り、雨が降ってきた。6時間目はクラブだが、雨で校庭での活動はできなくなった。子どもたちは大好きなクラブの時間をどう過ごしているのかなと、久しぶりにクラブを見に行った。体育館では、にぎやかにドッジボールをしていた。ちょうど王様を当てたようで、勝利に喜んでいる子どもたちだった。バドミントンクラブは、ゼッケンを付けて試合をしていた。担当教諭との対戦は、どちらが勝ったのだろうか?2階の卓球場では、ダブルスの試合をやっていた。この間見たときよりラリーが続いているのにびっくりした。手芸クラブでは、各自が思い思いの作品作りを楽しんでいた。器用にフェルトを使って小物をつくったり、毛糸で編物をしたりしている様子に感心してしまった。

【校長室より】児童の様子(2018.1.16)

 本日、1時間目に全学年で学力テスト(国語)を実施した。廊下を歩いていると、シーンとした中に鉛筆の音だけが聞こえてきた。子どもたちの一生懸命さが伝わってきて、思わず『みんな最後まであきらめずに頑張れ!』と、心の中で応援した。
 英語室では、5年2組の英語の授業だった。冬休み中のことを担任が英語で話していた。友だちと会ったり、ランチしたり、温泉に行ったり・・・。和やかな雰囲気に、しっかりコミュニケーションが取れていることがわかった。
 また、2年2組ではインフルエンザ欠席が7名となったため、本日早帰りの13時下校、明日から3日間学級閉鎖の措置をとった。兄弟関係も含め、他のご家庭でも十分気を付けてほしい。

【校長室より】寒さに負けず(2018.1.15)

 ここのところ本当に寒さが厳しい。先週から増えてきたインフルエンザに本日の登校を心配したが、案の定インフルエンザ欠席10名と、低学年を中心に徐々に罹患者が増えてきた。マスクを着用し、各クラスで手洗い・うがい・換気等に気を付けていきたい。
 こんな時、子どもたちの元気な姿を見ると思わず笑顔になる。2年1組の音楽の授業では、昔の歌「ずいずいずっころばし」の手遊びを楽しんでいた。3組では、図工の版画の下絵の描き方を実際に担任が描きながら指導していた。校庭では、3年2組が冷たい風の中、一生懸命なわとびの練習をしていた。明日は、どのクラスにお邪魔しようかな。

【吹奏楽部】バンドフェスティバル参加(2018.1.14)

 本日、第35回群馬県小学校バンドフェスティバルが桐生市市民文化会館シルクホールで行われた。本校吹奏楽部は、第3部3番目の演奏だった。演奏曲は「飛行の幻想」である。木管の泡立つような動きで開始され、トランペットとホルンがファンファーレ風な楽句を奏し、いかにも大空に舞いあがる雰囲気を作りだしている。飛行している時の光景、またその気分、そういった感情を音楽に表わしたこの作品は、さわやかで美しい。アンダンテの中間部はクラリネットを中心とする木管の静かな美しいメロディで、ホルンも活躍する魅力的な部分だ。トロンボーンのハーモニーで中間部を終わり、トランペットのファンファーレで後半部が始まる。
 小学生には難しい選曲であったが、メリハリのあるダイナミックな演奏で、一瞬にして会場全体を自分たちの世界に引き込んだ子どもたち。まさに大空にはばたく鳥の一羽になって、南太平洋のでっかい空を飛んでる気分で演奏したのだろう。演奏を終えた子どもたちの輝く瞳が印象的だった。