【校長室より】5年宿泊学習②(2018.10.19)

 1泊2日の5年宿泊学習が無事に終わり、みんな元気に学校に帰ってきた。本当によかった。2日目の今日のメイン活動は野外炊飯だ。これも、材料の下準備から炊飯、カレー作りまで、友だちと協力しながらの活動となった。自分たちで作り上げたカレーの味は最高だったことだろう。
 出発の時に「集団生活なので、自分のわがままは通用しません。友だちと協力し合い、みんなで決めたきまりを守りながら、何事も自分で考えて行動してください」と、5年生のみんなに話した。さまざまな活動を無事乗り切って帰ってきた子どもたちは、ちょっぴりたくましく見えた。一晩寝起きを共にした子どもたちの絆も、今まで以上に深まったことだろう。
 これからの学校生活にこの経験を自信として生かし、大東小のよきリーダーとして活躍してくれることを期待したい。

【2年生】校外学習(給食センター見学)

2年生は18日に、給食センターへ校外学習に行ってきました。給食センターでは、まず、2階の窓から給食を作っている様子を見学しました。次に、会議室で所長さんの話を聞きました。それからクラスごと分かれ、センター外のコンテナ搬出口などを見学し、その後また会議室に戻り、スパテラ(給食作りに使う大きなしゃもじ…120cm)と背を比べたりを触ったりする体験をさせてもらいました。最後は、子どもたちが考えていった質問に答えていただきました。子どもたちは、必死にメモを取っていました。学校に帰り、ワークシートにまとめました。

2階の窓から見学

ジャガイモの皮むき

掲示物に興味津々

給食を運ぶトラック

これはスパテラです

しっかり手洗い

 

【校長室より】ランランタイム(2018.10.19)

 日差しや風の音、雲の動きに秋の深まりを感じる。学校では、今年も11月7日(水)の持久走大会に向け、運動会明けから練習が始まっている。朝の時間だけでなく、休み時間も練習できるようにと、20分休みに「ランランタイム」を設け、全校一斉に走っている。
 また、一人一人に頑張りカードをもたせ、校庭を走った回数だけ色を塗って「100周を目指せ」というように、学年ごとに目標を決めて取り組んでいる。
 走るのが苦手な子や運動が嫌いな子は、どうしても外に出ての練習を面倒くさがるので、「お年寄りの校長先生も、がんばるよ!」などと声をかけながら、私自身もランランタイムを楽しんでいる。
 本番までの間、体力作りの一環としても、それぞれの目標に向かって頑張ろう!

【校長室より】5年宿泊学習①(2018.10.18)

 本日5年生宿泊学習の1日目。初日の活動が無事終了した。入所式では、とてもすばらしい校歌で、大東小の子どもたちの元気さをアピールしたという。また、心配していた朴の木山登山では、全員がリタイアすることなく山頂までたどり着いたということで、本番に強い子どもたちにびっくりだ。マスつかみは今年初めての体験であったが、自分で捕った魚を串焼きにして食べた味は、格別だったようだ。キャンプファイアーは大盛り上がりで、ダンス大会では子どもたちの思わぬ一面を見つけ大笑いだった。私自身、はじける子どもたちの笑顔に、楽しい楽しい夜のひとときを過ごした。
 今日一日、立派な態度の子どもたちだった。明日もファイト!ぐっすりお休みなさい・・・ZZZ。

【校長室より】福祉学習(2018.10.18)

 4年生は、総合的な学習「東風」で、「福祉」についての学習をしている。3年生で学習した「お年寄りとの交流」を通して福祉学習の準備を行い、それを受けて4年生では、「障がいのある人とふれあおう」というテーマの下、「障がいのある人の思い、願いを知るとともに、障がいのある人への理解を深め、ともに生きる人間として自分たちにできることを考えること」を目標に学習を進めている。
 すでに、希望の家の方々と交流したり、認知症サポーターの方のお話をうかがったりと学習が進んでいるが、今日は視覚障がいのある方をお迎えしてお話をうかがった。
 ハンディキャップをもちながらも、工夫と努力で明るく生活されているそのお話に、すっかり引き込まれた子どもたちである。
 今後は、さらに学習を深める中で、どんな状況でも相手の身になって自分にできることをしっかり考え、それを実行できる子になって欲しいなぁと願っている。

【校長室より】専門医による講習会(2018.10.16)

 今日は午後から専門医による講習会があった。テーマは「子どもの肥満のミカタ(味方)」、講師は群大医学部の大津先生だった。群馬県では今年から「生活習慣病予防対策事業」として、学校・家庭・関係機関が連携して子どもの肥満に対応していくという基本方針が打ち出された。特に、肥満度50%以上の高度肥満児に対しては、医療機関での受診が示されたため、今日のお話は学校の対応を勉強する上でも興味深いものであった。
 大津先生によると、肥満原因のほとんどは、過食(食べ過ぎ)ということだ。つまり、消費エネルギーを摂取エネルギーより大きくすれば肥満にならないわけだが、「食事の量」だけで考えるとなかなか難しい。そんな中、肥満対応の原則は「食事」「運動」「睡眠」、つまり「生活指導が大事だ」とお話があった。また、ご講義の中で「家族みんなで規則正しい生活を」と話されていたのが印象的だった。肥満予防だけでなく、子どもの将来の健康につなげるためにも、家族みんなが規則正しい生活を送り、健康で過ごせることが一番なんだと痛感した。
 私も、今日の夕飯は8時までに済ませることができそうだ!

【校長室より】交通安全教室(2018.10.16)

 本日、桐生警察署の方と市の交通安全担当の方をお招きし、交通安全教室が行われた。2校時に1.2年生「歩行の仕方と交通安全について」、3校時に3~6年生「自転車に乗る時の注意事項と交通安全について」をビデオと講話で学習した。
 毎年行われている行事だが、正しい歩き方や自転車の乗り方を確認し、安全に対する意識を高めるために、繰り返しの指導が大切だと感じる。
 今回ビデオやお話しいただいたことは、初めて見たり聞いたりすることではない。全て以前に学習し、知っていることばかりだと思うが、改めて自分自身で意識すること、ルールをしっかり守り「自分の身は自分で守ること」が大切だ。
 今年大東小では大きな自転車事故や交通事故が起こっていない。子どもたちが、しっかりルールを守っているからだろう。引き続き、事故・けがなく、子どもたちが笑顔で過ごせますように・・・。