【校長室より】Webページ切り替えから1年(2017.4.26)

 昨年の4月26日、本校のWebページを大幅に切り替えた。今まで、Web担当者しか更新に関われなかったが、ブログ形式にして、各学年や分掌担当者など、職員全員が更新できるようになった。1年経った本日、総訪問者数が一万人を超えた。学校行事だけではなく、学年の行事、毎日の給食、PTA活動についても適宜掲載し、学校からの情報をなるべく多く発信できるようになってきた。今後も、地域や家庭との連携を大切に、風通しの良い学校にしていきたいと思っている。まだ、一度もご覧になっていない方がいらしたら、ぜひ見てみて欲しい。スマートフォンでもパソコンでも、どちらからでも見られるようになっている。

【校長室より】教科担当制(2017.4.25)

 今年度の学校経営の基本理念は、「笑顔とありがとうのあふれる学校」づくりである。目指す児童像は、昨年から教育目標グー・チョキ・パーとして、折に触れ児童に話しているが、知・徳・体のバランスのとれた子どもの育成という点では昨年度と変わらない。一見、笑顔とありがとうでは学力はどうなのか?と捉えられそうだが、学ぶ楽しさや達成感を味わわせることで、学習意欲も増し学力向上が望めると考える。そして、「楽しい授業」「わかる授業」には、子どもたちの笑顔が必ずある。そんな授業を目指して、今年は、教師の専門性を生かした教科担当制を推進していく。6年算数と5.6年外国語活動には、中学校の先生にもお手伝いいただけることになった。ありがたいことだ。緊張感のある授業の中で、中学校の風を感じながら、子どもたちには大いに成長して欲しい。

【校長室より】あいさつ運動(2017.4.24)

 「進んであいさつをして気持ちのよい人間関係が築ける児童にしたい」「地域の方々から見守られ、大切にされていることを感じとれる児童にしたい」との思いから、学校評議員、民生委員、本部役員の皆様など、地域の方々にご協力をいただき始まったあいさつ運動も、今年で6年目となる。
 お陰様で、学校や地域で、子どもたちが少しずつあいさつができるようになってきているとの声を聞くことができるようになってきた。
 今年度は、子どもたちが更に自分たちから大きな声であいさつができるように、工夫していきたいと思っている。

【校長室より】仕事を楽しむ(2017.4.23)

 新年度が始まって2週間。慌ただしい時間を過ごしたが、この土日は、少しゆっくりできた。教師の仕事に限らず、どんな仕事にも言えることだが、仕事は楽しむことが大事だと思う。そうすれば、「大変だ」「めんどくさい」等の気持ちは出てこないはずだ。「仕事を楽しむ」楽しみ方はいろいろあると思うが、私にとって子どもたちの笑顔を見ることが一番の幸せであり、子どもたちの笑顔に触れたとき、私自身も楽しく、うれしくなり、自然に笑っている。子どもたちと一緒に過ごせることに感謝し、この仕事を楽しいと感じる瞬間である。また、明日から子どもたちの笑顔を励みに頑張ろう!

【校長室より】校長室訪問?(2017.4.21)

 4年生の校長室訪問があった。何を調べるのかとワークシートをのぞき込むと、校舎内の消防設備をマップに書き込んでいた。「火事からくらしを守る」の社会科学習である。地域社会における災害や事故から、人々のくらしを守るための仕事の仕組を理解するために、この後地域の警察署や消防署を見学したり、仕事をしている人に聞き取りをしたりしながら、理解を深めていく。「あっ、校長室には一つついてる」と、天井を見上げながら大声を出して「熱感知機」を見付けた喜びを表していた子どもたちが、この後どんなふうにまとめていくのか楽しみである。

【校長室より】図書の貸し出し(2017.4.21)

 昨日より、図書の貸し出しが始まった。今日はどんな様子かなと、図書室をのぞいてみると、10人くらいの子が静かにテーブルで本を読んでいた。カウンターでは、今日の当番の6年2組の4人が、手慣れた様子で貸し出しの仕事をしていた。
 今日は晴れ。外で汗びっしょりになりながら走り回っている子どもたちも多い。読書と運動のバランスをどうとっていくか、どちらかに偏り過ぎないように、うまく調整していかなければならない。どちらの子どもたちも、笑顔で自分なりの昼休みを楽しんでいる。その事実をしっかり受け止めながら・・・。