【校長室より】夏休みの学校②(2017.7.25)

 今日でサマースクールが終わった。にぎやかだった教室が、明日からは少し静かになるのかなと思うとちょっぴりさみしいが、今度はプールから元気な声が聞こえてくるだろう。天気はどうだろうか?晴れるといいなぁ。
 今日は、北側駐車場グレーチング周りの工事があった。学校も築40年に近づき、あちこちが痛んでいる。子どもたちがいないうちに、施設や設備を整備しなくては・・・。たくさんの職人さんたちが暑い中作業をしている。ありがたいことだ。
 そういえば今日は土用の丑の日。私も夏バテ防止に、今日の夕飯はウナギにしようかな。

【校長室より】夏休みの学校①(2017.7.24)

 楽しい納涼祭も無事終了し、今日は夏休み4日目、サマースクール2日目である。プールに合わせて、前半は1.5.6年生が勉強となった。ほとんどの子が参加していたが、涼しくてお友達いっぱいの教室は、勉強には最適な環境のようだ。友達と一緒に学習するって、素敵だなっと思った。テレビやゲームの誘惑も、きょうだいげんかも全くなし。先生やお友達がいるから、分からないところは一人で悩まなくても大丈夫!宿題や課題がどんどんはかどっちゃうね。明日は最終日。皆さん、ぜひ来てください。

【PTA行事】PTA納涼祭(2017.7.23)

 あいにくの天気のために急遽会場を体育館に変更し、大間々東小の納涼祭が行われました。オープニングでは吹奏楽部の演奏があり、その後❍☓ゲーム大会、大東小サマープレゼントを行い、模擬店の開催となりました。模擬店はかき氷やフランクフルト、焼きそばや冷たい飲物、らくがきせんべいなどの食べ物・飲物と、射的やくじで遊べる物など盛りだくさんにありました。どの模擬店も、順番を待つこどもや保護者で長い行列ができ、体育館がお祭りムードでいっぱいになりました。体育館近くの家庭科室ではバザーを行い、多くの地域や保護者の方に足を運んでいただき、ほぼ完売状態になりました。午後3時15分から始まった納涼祭ですが、瞬く間に時間が流れて午後5時30分に大盛況の中、終了しました。
 納涼祭に向けて準備をして下さったPTA役員の方々、当日の暑い中、足を運んでいただいたご来賓や保護者、地域の皆さま大変ありがとうございます。おかげさまでこどもたちの楽しい夏の思い出が一つ増えました。
  

【校長室より】PTA納涼祭(2017.7.23)

 大東小恒例の「納涼祭」の日。天候が心配され、会場を体育館へと大幅な変更をした。バザー会場も、西側家庭科室へと移動をした。しかし、朝早くから、準備に当たっている父親委員会の皆さんやPTA本部役員の皆さんの熱意、気迫は、雨をも吹き飛ばす勢いだ。
 さあ、もうすぐ始まる納涼祭。夏休み3日目の、楽しい行事になるだろう。児童の皆さん、保護者の皆様、地域の皆様、気を付けてお越しください。お待ちしております!

【校長室より】梅雨明けの終業式(2017.7.20)

 梅雨明けの本日、無事1学期が終わった。学校からは「思い出いっぱいの夏休みに」や学校だより18号で、夏休みを楽しく過ごすために気を付けたいことをお知らせした。特に、命を守るために気を付けることは、通知だけでなく、担任から、校長から、おまわりさんからというように、何度も何度も繰り返しお話しした。交通事故等は、自分が気を付けていても、巻き込まれることもある。どんなときも、自分の身は自分で守ることを忘れないでほしい。
 終業式では、全員そろって笑顔で2学期の始業式を迎えることを約束した。

【校長室より】大掃除(2017.7.19)

 明日は第1学期の終業式である。71日間の1学期も、無事終わることができそうだ。保護者の皆様の、温かいご支援・ご協力に感謝の気持ちでいっぱいである。
 今日は大掃除。みんなで、1学期分の汚れを念入りに掃除した。普段手が届かない窓ガラスや机・ロッカーの中、下駄箱など・・・。みんなで力を合わせて一生懸命きれいにした。ワックスのかかった教室は、ピカピカ光っている。1学期間お世話になりましたという気持ちで流した汗は、子どもたちの心まで磨いてくれたようだ。さあ、清々しい気持ちで夏休みに突入だ!

【校長室より】もうすぐ夏休み(2017.7.18)

 家庭は、子どもたちにとって最も安心できる場所であり、最も「基本的な感情」を学ぶことができるところだ。実際の世の中で、どんなことでうれしくなるのか、感謝をするのか、怒るのか、悲しくなるのか、それぞれの場面によっての振る舞い方を学ぶところが、家庭だと思う。
 子どもは、親を見て学ぶ。お家の人が優しくしてくれるところから「優しさ」を学び、困った人を助けているところを見て「思いやり」を学び、仕事を一生懸命にこなしているところを見て「責任感」を学ぶ。あるときは泣き、あるときには怒り、あるときには悲しみ、あるときには楽しくなる。そんな「喜怒哀楽」のある家庭環境は、理想的な家庭環境だと思う。
 もうすぐ夏休み。38日間の日々が、子どもたちにとって大きな心の成長となりますように・・・。

【6年生】東風タイム「日本の伝統文化を学ぼう」

7月10日(月) 大間々地域文化協会のみなさまのご協力のもと、【華道】【書道】【水墨画】【三味線・尺八】の体験をさせていただきました。短い時間の交流ではありましたが、自分の作品が仕上がったり、楽器の音が出たりすることで、それぞれの文化のすばらしさにふれ、「楽しい!習ってみたい!」「早く家に帰って見せたい!」と思うほど、大満足の体験だったようです!講師の先生方、大変お世話になりました。ありがとうございました。