あってはならない、けれど備えは万全に 救急救命法講座

 
 5月31日(金)水泳授業のシーズンを前に、職員を対象に救急救命法講座を実施しました。
心肺停止状態から心臓マッサージ、人工呼吸、そしてAEDによる蘇生法を学びました。桐生消防署より3名の方を講
師にお招きしての講座です。どの先生も真剣にお話を聞き、蘇生法を学びました。積極的な質問も飛び交い、こどもの命を守る意識を高めることもできました。
 救命法は、使うことがなければそれにこしたことはないのです。安全に過ごせることが1番ですよね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA